なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

NHK


えー、マジですか・・・
(´・ω・`)

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/01/25(水) 06:52:40.96ID:lAmA1TQV9
 NHK大阪放送局の武田真一アナ(55)が退局し、フリーアナウンサーに転身することが、1月25日、デイリー新潮の取材で分かった。NHKの関係者は「驚く視聴者も多いでしょうが、武田アナには切実な事情があるようです」と言う。

 ***

 まずは武田アナの経歴を確認しておこう。1967年に熊本県で生まれ、地元の中学・高校を経て筑波大学に進学。卒業後の1990年にNHKへ入局した。
 NHKに応募したのは友人の誘いだったという。希望職種はディレクターだったが、アナウンサーとして採用された。アナウンサーとしての適性があるとは思っていなかったため、本人も驚いたそうだ。
 入局後は熊本放送局や松山放送局に勤務。東京アナウンス室に異動し、2000年4月から平日正午の「NHKニュース」を担当すると、徐々に人気が出始めた。担当記者が言う。
「新聞記事のデータベースを調べると、2004年ごろから『NHKの武田アナについて教えてください』という投稿が、新聞のテレビ欄に掲載されるようになりました。武田アナの名前が全国区になったのは2008年、夜の看板ニュース番組『ニュース7』のキャスターになってからです」
 オリコンが集計する「好きな男性アナウンサーランキング」では、2012年から上位陣の常連となった。16年には「第67回NHK紅白歌合戦」の総合司会に抜擢。まさに“NHKの顔”として八面六臂の活躍だった。
 17年4月から「クローズアップ現代+」のメインキャスターを務め、21年に大阪放送局に赴任した。
 当時、NHKは異動の理由として「首都圏での大規模災害時のバックアップなどを見据えた大阪放送局の機能強化」と説明した。

↓記事全文はこちら
https://www.dailyshincho.jp/article/2023/01250602/?all=1

【【NHK】武田真一アナが退局へ、55歳でフリー転身を決意させた事情とは!?】の続きを読む


これワロタ・・!
(´・ω・`)

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/01/21(土) 16:44:03.50ID:ka3eiWyI9
 フジテレビ系「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜・後9時58分)が20日に放送され、お笑いコンビ「浅草キッド」玉袋筋太郎(55)の芸名に関する話題で盛り上がった。

 ゲストのタレント・でか美ちゃんが、2021年に「ぱいぱいでか美」から改名したことを振り返り「予期せぬところでセクハラの種みたいになっているのがしんどいなと思って。それが一番大きなきっかけで」と話し、特徴的な芸名が芸能活動の障害になっていたと告白。その結果「20時台のテレビに出られるようになって」とうれしそうに話した。

 それを受け、司会の松本人志は「NHKに玉袋筋太郎が出れない、みたいな」と“個性的”な芸名の例を取り上げる。「千鳥」ノブが「そうなんですよね」とうなずき、でか美ちゃんは「(出る時は)知恵袋筋太郎さん」と続くと、それを知った西野未姫は爆笑。「千鳥」大悟は「玉袋筋太郎が『知恵袋』筋太郎!?全然ちゃうやん」と驚いていた。

 なお玉袋は現在NHKに出演する際は「玉ちゃん」名義で出演。「知恵袋筋太郎」も一時期使われていた。

https://hochi.news/articles/20230121-OHT1T51055.html?page=1

【【芸能】玉袋筋太郎、NHK出演は“NG”だった!芸名もじった「仮名」にスタジオ爆笑!】の続きを読む



そうなんや・・・
(´・ω・`)

1 湛然 ★ :2023/01/09(月) 05:36:54.77ID:xbyDUF6r9
 お笑いタレント・有吉弘行(48)が8日に自身がパーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHTDREAMER」(日曜後8・00)の生放送に出演。“初出場”した「第73回NHK紅白歌合戦」後のまさかの帰宅方法について語った。
 紅白歌合戦についてのメールがリスナーから届く中で、自らの出演後の帰宅方法について言及。「多分、紅白に出場した全出演者の中で家まで歩いて帰ったのは俺だけじゃない?」と衝撃の帰宅法を明かした。これにはアシスタントを務めるデンジャラスの安田和博も驚きを隠せない。「NHKの華やかなステージを背に、ドラクエウォークしながら帰った。本当はもっと粘っていろんな人と写真を撮りたかったんだけどね」と番組途中での帰宅だったと説明した。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/01/08/gazo/20230108s00041000511000p.html

【【芸能】有吉弘行、“初出場”紅白後に見せた衝撃の帰宅方法とは!?】の続きを読む


何やろなぁ・・?
(´・ω・`)

1 征夷大将軍 ★ :2022/12/21(水) 07:36:15.99ID:4meMsJkc9
視聴者のテレビ離れが進むこともあってか、テレビ局が試行錯誤を重ねる年末特番。

しかしそれが裏目に出ることも……。『紅白歌合戦』(NHK)が11月に今年の出場歌手を発表すると、アイドルやアニソン歌手、韓国系アーティストを多用することに対してSNS上から不満が続出。ツイッター上では「#紅白見ない」がトレンド入りしてしまった。

また、今年の大みそかには『逃走中』(フジテレビ系)と『THE鬼タイジ』(TBS系)という2本の”鬼ごっこ”番組が放送される。これに対してもSNS上では「つまらなそう」との声が相次いでいるのだ。

では、視聴者はどのような番組を良し、悪しとするのだろうか?本誌はクロス・マーケティングのQiQUMOなどを使い、485人にアンケート調査を実施「絶対見たい・見たくない年末特番」について調査を行った。この記事では「見たくない年末特番」のランキングを発表する。

第2位は『第73回NHK紅白歌合戦』(NHK)と『ジャニーズカウントダウン』(フジテレビ系)。どちらも46票を獲得した。

紅白に対しては圧倒的定番番組である一方、”マンネリ化している”などの指摘も。昨今は冒頭に述べたような出演者改革で刷新を図っているが、それについては“若い視聴者を意識しすぎ”と批判の声も多かった。

「見たいランキング」では第2位だった『ジャニーズカウントダウン』だが、寄せられたコメントからジャニーズファン以外の支持を得られていないことが明らかに。

ここまでのランキングを歌番組が占める中、第1位は64票を獲得した『逃走中~大みそかSP~』(フジテレビ系)という結果に。

鬼であるハンターから逃げ切れた時間に応じて賞金が獲得できるという“鬼ごっこ”にさまざまなゲストが参加するこの番組。実は’04年から続く長寿番組だ。今年の大みそかに約7時間にわたって放送される『逃走中~大みそかSP お台場大決戦!~』には人気YouTuberであるコムドットのやまと、ゆうた、そしてはじめしゃちょーが出演することが明らかになっている。

しかし、ハマらない人にはハマらないのか、世代を問わず「つまらない」という声が相次いだ。

↓記事全文はこちら
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2162203/

【【テレビ】絶対見たくない年末特番ランキング!2位『NHK紅白』を抑えた1位のフジ番組は?】の続きを読む



そうなんや・・・
(´・ω・`)

1 muffin ★ :2022/12/19(月) 12:28:41.99ID:NwUBUqAx9
結成40周年のX JAPAN。今年の紅白のテーマは「周年」だからサプライズで出演か、と期待するムキもあったようだが、実は、それどころではないという。YOSHIKIとToshlの不仲が想像以上で。

紅白ではないけれど、リーダーのYOSHIKIはNHKに登場する。「プロフェッショナル 仕事の流儀」の拡大版として「YOSHIKIスペシャル」が、12月20日に放送されるのである。

「映像の編集作業が始まり、過去のX JAPANの映像を使うにあたって、ボーカルのToshlに許可申請したら、“YOSHIKIの番組に自分の映像は使わないでほしい”と、拒まれたのです。Toshlサイドから拒否され、事務所に問い合わせてもダメ。やむなくNHKの幹部職員が交渉に当たりました」

YOSHIKIも手をこまねいてはいられず、「Toshlの誕生日の10月10日、インスタグラムに誕生日を祝うメッセージと、かつてのコンサートでのツーショットを載せた。Toshlに軟化するよう促すとともに、“映像の権利はToshlだけにあるのではない”という主張も込めたといわれています」

番組スタッフは頭を抱え続けているとか。そもそもX JAPANはいま、どうなっているのか。音楽関係者によれば、

「2018年以降、X JAPANとしての活動はしていませんが、メンバー同士の活動は一部重なっています。11月20日にYOSHIKIの誕生日を記念して配信された映像には、ベースのHEATHも参加。ギターのPATAは早逝したHIDE関連のイベントによく参加しています。09年に正式なメンバーになったSUGIZOは、YOSHIKIが今年結成した新バンドのメンバーでもあり、11月29日のSUGIZOのライブには、HEATHがゲスト出演しました」

メンバー同士は案外、積極交流している様子がうかがえる。しかし、

「Toshlは例外なのです。ソロアルバムのリリースやバラエティー番組への出演など、活動自体は旺盛なのですが、“龍玄とし”への改名が示すように、X JAPANとのつながりだけは積極的に断とうとしているようです。YOSHIKIもToshlとのやりとりは、弁護士を通しているとか。」

そもそも、なぜToshlだけは例外なのか。

↓記事全文はこちら
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/12191059/?all=1

【【芸能】「X JAPAN」ToshlとYOSHIKIの関係悪化が露呈!映像の使用許可申請をToshlサイドが拒否!!】の続きを読む


見んかなぁ・・
(´・ω・`)

1 Anonymous ★ :2022/11/16(水) 19:00:04.43ID:EKdcjXEn9
紅組
IVE(初)
あいみょん(4)
石川さゆり(45)
ウタ(初)
Aimer(初)
工藤静香(9)
坂本冬美(34)
篠原涼子(2)
Superfly(6)
SEKAI NO OWARI(6)
天童よしみ(27)
TWICE(4)
NiziU(3)
乃木坂46(8)
Perfume(15)
日向坂46(4)
MISIA(7)
水森かおり(20)
milet(3)
緑黄色社会(初)
LE SSERAFIM(初)

白組
Official髭男dism(3)
関ジャニ∞(11)
KinKi Kids(2)
King & Prince(5)
King Gnu(2)
郷ひろみ(35)
Saucy Dog(初)
JO1(初)
純烈(5)
鈴木雅之(5)
SixTONES(3)
Snow Man(2)
なにわ男子(初)
Vaundy(初)
BE:FIRST(初)
福山雅治(15)
星野 源(8)
三浦大知(4)
三山ひろし(8)
山内惠介(8)
ゆず(13)

https://www.nhk.or.jp/kouhaku/artist73/

【【速報】第73回NHK紅白歌合戦、出場歌手決定!!】の続きを読む

このページのトップヘ