どうなるんやろ・・?
(・ω・`)

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/07/10(水) 17:28:49.30 ID:mhj3e1LX9
 昨年、松本との“恐怖の一夜”を小誌に明かし、法廷に立つと明言するA子さんは、この半年間、様々な嫌がらせを受けてきた。今年2月には、松本の代理人弁護士がA子さんの知人男性を訪ね「彼女を出廷しないようにして欲しい」と要請。さらにA子さんは「怪しい男たちにつけられているんです」と訴える。取材班が尾行する男たちを追うと――。

 2月29日午後2時半、東京タワーが一望できる高層オフィスタワーに1人の男性が姿を見せた。エントランスゲートを通過し、上層階行きのエレベーターに乗り込んだのは、八重洲総合法律事務所代表である田代政弘弁護士である。

 目下、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(60)が文藝春秋などを相手取って起こした5億5000万円の損害賠償などを求める名誉毀損訴訟の代理人を務めている。

「Xさんと、2人きりで会いたいんです」

 その数日前、田代弁護士は同オフィスに勤務するX氏に面談を求めていた。この日、X氏と顔を合わせた田代弁護士は松本の裁判に触れ、こう切り出した。

「このままの裁判の状況だと、松本さんはA子個人を訴えることになりますよ。そこでXさんに相談です。何とかA子を説得して、証人として出廷しないようにして欲しいのです」

 裁判の争点となっている昨年12月27日発売号の小誌記事で、A子さんは松本から受けた性的行為を告発。X氏は、A子さんと親交の深い男性である。この日、田代弁護士の口から飛び出したのは、驚くべき策略の一端だった。

※以下有料記事
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b9086

【【文春】《松本人志 5.5億円裁判》A子さん出廷妨害工作を告発する!】の続きを読む