なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

還暦


凄いね・・!
(´・ω・`)

1 ひかり ★ :2022/10/21(金) 11:26:53.75ID:dQy8H3RB9
 フリーの笠井信輔アナウンサー(59)が、21日までに自身のインスタグラムを更新。フジテレビの軽部真一アナウンサー(60)が「大出世」したと祝福した。

 笠井アナは「ご存知の方もいると思いますが わが愛する先輩、軽部さんが60歳!還暦を迎えましたー!」と祝福。赤いちゃんちゃんこ姿を披露した。

 続けて「あ、“それじゃあ軽部さん定年なの?”と思った方、鋭いですね 実は軽部さん少し前に『役員待遇エグゼクティブアナウンサー』に大出世したんです」と報告。「この立場になると、定年を迎えても引き続きフジテレビで働くことができるそう やっぱり実力ある人は違いますね 私なんか絶対に無理(笑)」と尊敬の思いをつづった。

 軽部アナは朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)で長年エンタメキャスターを務めており、還暦後の去就が注目されていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e53499e819e56572cdc7a8c5a38b53e2ec3c85e3

【【芸能】フジテレビ軽部真一アナ、60歳で超大物になる!?】の続きを読む

2BB17C33-FD00-44FD-AF33-0263AF4DB64C

そうなんですか・・
(・ω・`)

1 jinjin ★ :2022/10/06(木) 07:24:48.41ID:CAP_USER9
お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(50)の執念がすさまじい。
芸能界へしがみつく堂々とした姿勢。

「9月にインスタを再開しました。『また一から始めます』と謙虚な姿勢を示していますが、『一(イチ)』ではなく『-(マイナス)』からのスタートでしょうと突っ込みたくなりました。フォロワー数は妻で女優の佐々木希の469万人の足元にも及びませんが、すでに14万人超を獲得している。順調なスタートですよ」とワイドショーデスクが冷ややかな口調で指摘する。

ただ、渡部の執着ぶりが見て取れるのはそこではない。前出・ワイドショーデスクが続ける。

「千葉テレビのバラエティー番組『白黒アンジャッシュ』が、この10月に19年目に突入しますが、番組について2人のインタビューがテレビ局から公表されました。渡部の言葉はレギュラー番組への執念そのもの。還暦を迎えるまでやりたいとか、意地でも続けたいとか、以前なら考えられない、しがみつくような発言ですね」

多目的トイレ騒動でミソをつけたのは2020年6月のこと。
通常の不倫ならほとぼりも冷めるころだが、ネットでの渡部アレルギーは根強い。
セカンドチャンスを手にすることができるのか。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/0a31b264fdcdecef3bc6da91bf78dbae5a57402f

【【芸能】アンジャッシュ・渡部建、芸能界へしがみつく堂々とした姿勢とは!?】の続きを読む



(出典 www.cinemacafe.net)

また見たいなぁ・・
(・ω・`)

1 muffin ★ :2022/07/22(金) 04:00:09.03ID:CAP_USER9
2020年まで日本テレビの大みそか特番として15年間放送され、昨年は休止された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない」シリーズが、今年も放送されないことが21日、分かった。別のバラエティー番組を放送する方向で調整が進められている。

同局関係者は「笑ってはいけないシリーズの放送は今年もないと聞いている。大がかりな特番のため、例年5月頃には準備に入るが、そうした動きもない」と指摘。制作に関わるスタッフ集めや、「かなりの数を全国から集める必要がある」とも言われるCCDカメラの準備の必要もあるが「こちらも進められていない」という。

同番組は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」から派生した特番で、06年から大みそかに放送。ダウンタウン、ココリコ、月亭方正(54)がさまざまな指令を受け、笑ってしまうと“ケツバット”のお仕置きを受ける内容。10年から20年までの11年間、NHK紅白歌合戦の裏番組では民放1位の高視聴率を記録した。

昨年の休止発表時、局側は「15年の節目でいったん休止」と説明。関係者は「20年はコロナ禍で企画が制限され、例年通りに振り切った内容で制作できなかった。長年にわたるマンネリ化もあり、昨年は休止ということになったようです」と話している。

今年の放送はないが、来年以降の復活は期待できる。昨年8月に放送倫理・番組向上機構(BPO)が「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議対象としたことが番組休止に関係したと一部で報じられた。しかし、BPOの青少年委員会は、先月下旬の民放担当者との意見交換会で「予見できる痛みは対象と考えていない」と意見しており、出演者が罰ゲームを予見できる「笑ってはいけない」に問題はないとお墨付きを与えた形になった。「ダウンタウンの2人が還暦を迎える来年は放送されるのでは」との話もあり、早ければ来年の大みそかに復活となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4797deb2c13e1adc48a8bd04b81bace6ca60ff5

【【テレビ】大みそかの「ガキ使」23年ダウンタウン還暦で復活か?】の続きを読む

このページのトップヘ