なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

松本人志


誰なんやろ・・?
(・ω・`)

1 muffin ★ :2024/05/14(火) 18:37:39.60 ID:1oeXYucY9
「今年12月の『M-1グランプリ』は、松本人志さん(60)が裁判のため長期休業中とあって、新たな審査員が加わることになることになるでしょう。すでに、各方面で最有力視されている人気芸人の名前は一致しています」(制作関係者)

昨年のM-1グランプリで優勝した令和ロマン。大会初の2連覇を狙っていることでも話題だが、すでに新たな審査員探しが始まっているという。

「通常の代役であれば、松本さんの所属する吉本興業の芸人が務めることになりますが、今回は裁判中ということもあり、あえて“松本色”を薄める方向性で進んでいるようです。そのため、“非吉本の人気芸人”で“ネタ作り担当”“芸人たちも認める芸人”、かつ“審査員歴がある”といった要素をすべて満たしているオードリーの若林正恭さん(45)が適任だという声が相次いでいるのです」(前出・制作関係者)

オードリー若林といえば、テレビのレギュラー番組を10本(コンビ含む)抱え、今年2月には長寿番組のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』で開催した東京ドームイベントを超満員にした屈指の人気芸人だ。

実は、若林を推す“動き”が5月8日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)でも見られていた。サンドウィッチマンのゲスト回で、富澤たけし(50)は「M-1グランプリ」審査員を昨年まで6年連続で務めている。

「伊達みきおさん(49)もM-1をリアルタイムで見ており、出場者の点数を富澤さんにその都度、LINEで送るそうです。富澤さんは自分で点数を付けたあとに伊達さんの点数を見て、自分の審査がブレていないか確認するそうです」(前出・制作関係者)

番組中、富澤は突然、若林にこう切り出したのだ。
「審査員(のオファー)来たらやる?」驚く若林は「俺は、そこはできないかもな……って思ってますね」と答えると、すかさず伊達が「若手は多分、若林くんに面白いと思われたい人多いと思うよ」と“口説いた”のだ。

「サンドウィッチマンがM-1で優勝したのは2007年。その翌年、準優勝だったのがオードリーでした。同番組ではその後、伊達さんが“(若林の相方の)春日に面白いと思われたい若手はいない”と笑いを取っていましたが、サンドの2人は、若林さんのM-1審査員入りを願っている本音が出たのだと思います。

続きはソースをご覧ください
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2324476/

【【芸能】松本人志休業中…今年のM-1新審査員“最有力候補”に「45歳人気芸人」急浮上!】の続きを読む



(出典 www.sponichi.co.jp)

そうなんや・・・
(´・ω・`)

1
Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/07(火) 18:30:13.68 ID:sauHOQBS9
女性に性的行為を強要したとする報道で「週刊文春」側と係争し、芸能活動休止しているダウンタウン松本人志(60)が7日、自身のX(旧ツイッター)を更新。

6日夜に東京ドームで行われたボクシングのスーパーバンタム級世界主要4団体統一戦で、WBC世界同級1位ルイス・ネリ(29=メキシコ)に6回1分22秒、TKO勝ちを収めた井上尚弥(29=大橋)のX投稿をリポストした。

コメントなどはないものの、リポストする形で、祝意を示したとみられる。

井上は6日の試合後、Xに「東京ドーム最高でした!!4万人の最高の景色を見せてくれてありがとう!!また落ち着いたら投稿しますぜ!!おやすみなさい」と投稿していた。

松本は23年7月、東京・有明アリーナで行われた井上VSフルトン戦を現地で観戦している。並んで観戦したギタリスト布袋寅泰が松本とのツーショットをXに投稿し、話題になった。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202405070000940.html

【【ボクシング】松本人志、井上尚弥X投稿リポストし「祝福」】の続きを読む


どうなるんやろ・・?
(・ω・`)

1 muffin ★ :2024/05/02(木) 00:07:44.18 ID:W8dVStnw9
女性に性的な行為を強要したなどとして週刊文春に報じられたお笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(60)が活動休止して、まもなく4ヵ月。ここ数日、ファンによるあるムーブメントが起きている。

きっかけは、4月30日にネットで配信された「”松本人志ロス”は意外と長続きしない?」などの見出しで報じたデイリー新潮の記事だ。本文中に記載された「今のところSNSに“松本ロス”の声は見当たらない」という一文を含め、松本のファンを刺激したようだ。

同日から翌日にかけて、ファンが「松本ロス」のハッシュタグを付けて続々と猛反論。「圧倒的に松本ロス」「松本ロスなんて当たり前」「はよ戻ってきて」「ロスってます」「思いっきり、松ちゃんロスしてますけど?」と声高らかに主張し、反論する声がネット上に散乱した。その結果、Xでは「松本ロス」がトレンド入りし、「これが国民の声」「見てるか!」と訴える声までみられた。

報道直後の今年1月も、ネット上でファンによるムーブメントが勃発。週刊誌での告発文に類似する文体で松本に対するエールをファンが続々と送る”逆告発”のムーブが起き、物議を醸した。今回の動きは「第2次ムーブ」ともいえそうだ。

続きはソースをご覧ください
https://www.chunichi.co.jp/article/892752

【【芸能】松本人志「第2次ムーブ」勃発?「“松本ロス”の声は見当たらない」にファン猛反発 「圧倒的に松本ロス」】の続きを読む


お、どうしたんや・・?
(・ω・`)

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/01(水) 23:18:10.09 ID:T4Ua7kHz9
 女性への性加害疑惑を報じられ、活動休止中のお笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(60)が1日に自身のX(旧ツイッター)で、お笑いコンビ「クロスバー直撃」の渡邊センス(40)の投稿をリポストした。渡邊はこの日、松本の報道に関し写真週刊誌「フライデー」の記事で名誉を毀損されたとして、発行元の講談社に損害賠償や訂正記事を求めて東京地裁に提訴したと報告していた。

 松本が自身のXでリポストしたのは3月28日以来。同日の第1回口頭弁論を前に、後輩芸人のとろサーモン・久保田かずのぶが「覚悟してるよ。問題作?どうぞどうぞ」とYouTubeのリンクを貼った投稿をリポストした。

 渡邊はこの日、自身のXに「FRIDAYさん。僕はもう動かないと思ってましたか?許す訳ないじゃないですか。ずっと準備してましたよ。装填完了。センス訴えます」とつづり、代理人弁護士と連名で「提訴のお知らせ」とした声明文を掲載した。

 2月発売のフライデーは「松本さんとの飲み会には、渡邊センスさんから誘われました」という女性が、一緒に参加した別の女性が松本の上に馬乗りにさせられたなどと説明する記事を掲載していた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/01/kiji/20240501s00041000770000c.html

【【松本人志】クロスバー直撃・渡邊センスの“講談社提訴”投稿をリポスト…約1カ月ぶりに“動き”】の続きを読む


どうなるんやろ・・?
(・ω・`)

1 ネギうどん ★ :2024/04/25(木) 10:19:03.91 ID:olRqxoyk9
 ダウンタウン松本人志(60)の性的トラブル疑惑を報じた、週刊文春の発行元文藝春秋との第1回口頭弁論が3月28日に行われた後、現在まで松本報道はピタリと止んでいるが、松本側が文春に要求した告発者「A子さん」「B子さん」の素性について、口頭弁論後、ネット上では暴露合戦が繰り広げられた。

 松本側は告発した女性たちの氏名(芸名)、住所、生年月日、携帯電話番号、LINEカウント、さらに容姿が分かるような写真の提出を要求したが、文春側は拒絶。

「第1回の口頭弁論が終了後、A子とB子の芸名などがSNSに投稿されました。松本所属の吉本興業も、文春の第1弾報道からこの2名について情報収集していましたが、SNSに投稿された女性の芸名と吉本が調べた情報は合致したようです。しかし、もし仮に2名の素性が明らかになったとしても、それを報じればセカンドレイプになりかねないため、どのメディアも扱うことはないでしょう」(芸能ライター)

 最近の松本の様子について、お笑い関係者はこう話す。

「松本は弁護士のほかに、1日に何度も吉本の幹部と電話で情報を交換したり、事務所のスタッフや親しい番組関係者、それに、後輩芸人らと食事したりしています。裁判で身の潔白を証明するモチベーションは下がっていません。松本サイドは、松本問題をしつこく取り上げた『情報ライブ ミヤネ屋』の報じ方を偏向報道だとして、BPO(放送倫理・番組向上機構)への申し立てをいまだに諦めていないことから、メディアは取り扱いに慎重にならざるをえないでしょう」

■痛み分け状態で裁判はどう着地するのか

 次回は非公開の弁論準備が6月5日に行われる予定で、ウェブ会議で争点を整理することになっているが、一方で、裁判所から和解提案がされるのではという情報も流れている。

「吉本関係者と文春関係者が水面下で接触したようで、文春サイドは裁判を長引かせるつもりはないということのようです。真相はともかく、松本はかなりのダメージを受けたのは間違いない。和解案が出れば、双方が歩み寄りを見せると思いますが、文春側も記事の信憑性について揺らぐことはないでしょうし、松本側も主張している部分について絶対譲らないはずなので、妥協点を見出すのは相当難しいように思われます」(芸能ライター)

 スクープ記事『松本人志と恐怖の一夜 俺の子供を産めや!』を掲載した「週刊文春」(2024年1月4日・11日号)は、45万部が完売したと発表されている。だが、ある出版関係者は、「松本問題の第一報以降は、松本問題の本家である週刊文春だけでなく、後追いしている週刊誌も部数が減少傾向にあります。双方痛み分けといった様相です」と話す。

 6月5日に注目したい。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/339395

【【裁判】松本人志に文春と和解の噂も、振り上げた拳は下ろせるか?】の続きを読む



(出典 aeradot.ismcdn.jp)

何があったんや・・?
(´・ω・`)

1
ひかり ★ :2024/04/23(火) 19:42:14.47 ID:o5uh97629
吉本興業の運営する劇場「よしもと祇園花月」の公式Xは4月22日、《お知らせ》として中田カウス(74)が予定している4月の公演全てを休演すると発表した。

「よしもと祇園花月」の投稿によると《4/23(火)~4/29(月)本公演((1)12:00開演、(2)15:00開演)に出演を予定しておりました 中田カウス(漫才のDENDO)は都合により休演致します》とあり、予定されている7公演全てを都合によりキャンセルするという。

前日の突然の休演発表に、劇場公式Xは《楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません》と謝罪。中田の穴は代役が務め、決まり次第発表するという。

中田といえば、かつて吉本興業の特別顧問を務め、14年には上方漫才協会の会長に就任。相方の中田ボタン(76)が19年に体調不良で休養して以降は、『中田カウス漫才のDENDO』のホストという形でよしもとの劇場に定期的に出演している。

急な休演発表にXでは中田を心配する声が上がっている。

《カウス師匠何かあったのか、、?》
《明日の祇園、カウス師匠休演なのか…大事ないといいのですが》
《DENDOだと思ったからチケット取ったのに~。2公演。今日は重ね重ねショックです 厄日! でも、体調不良とかなら心配ですね》
《...何か、あったんでしょうか...?》

中田は4月10日に配信された『FRIDAY DIGITAL』の記事のなかで、性加害問題で渦中の松本人志(60)に対し、事実ならば「松本はアウトやて。客、素人に手をつけたのであれば」などと苦言を呈し、芸能界のご意見版として元気な姿を見せたばかりだった。一体、中田の身に何が起こったのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b12bab621119cb4926a073f6d305325cc59018d7

【【芸能】「何かあったのか?」中田カウス、突如7日連続で劇場出演を見合わせの“異変”】の続きを読む

このページのトップヘ