なんやこれ速報

ニュース、芸能ネタ、時事ネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

文春オンライン


(´・ω・`)

1 冬月記者 ★ :2022/09/22(木) 21:33:17.95ID:CAP_USER9
坂本だけじゃない! 「反社に1億円」の原監督ほか巨人軍「『紳士たれ』が聞いてあきれる」女性スキャンダル史

 交際女性との“中絶トラブル”が発覚した、巨人の坂本勇人。9月10日に「文春オンライン」が報じて以来、ネット上では坂本の非道なおこないを非難する声が渦巻いているが、テレビや新聞などのメディアでは、相変わらず“完全スルー”状態が続いている。

「巨人に対する“忖度”そのものですよ。『文春オンライン』は9月17日、それを裏づけるメッセージを報じています。全国ネットで放送されているワイドショーのスタッフが、グループチャットに流したもので、坂本選手のネタは取り扱いNG、扱ったら、長嶋茂雄さんの情報を渡さないと巨人の広報が言っている、というものです。

 長嶋さんは9月6日に病院に救急搬送されており、その後についての情報は、マスコミとしてはどうしてもほしいところ。そんななかで、坂本の報道が出た。テレビや新聞にしてみれば、自分のところだけ長嶋さんのネタがない『特オチ』という状況だけはなんとしても避けたい。それをわかったうえで、巨人がプレッシャーをかけてきたわけです」(スポーツライター)

「クライマックスシリーズ進出をかけて、ギリギリの戦いをしている巨人にとって、坂本に抜けられるわけにはいかない。だから、今は会見もさせず、処分もなし。何より示談も済んでいる、というのが巨人のスタンスでしょう。

 しかし、それだけではないはずです。原辰徳監督はじめ、二岡智宏二軍監督、阿部慎之助コーチ、元木大介コーチと、女性のスキャンダルで世間を賑わせたメンツが巨人の指導陣にずらりと並んでいるわけですから。坂本を処分したらしたで、『監督、コーチだってやっただろ』と批判されているのは目に見えています」(前出・スポーツライター)

 二岡は2008年、キャスターの山本モナとの不倫が発覚。シーズン終了後に、日本ハムへトレードされている。阿部は2012年に、グラビアアイドル小泉麻耶との不倫密会をスッパ抜かれている。元木はタレント時代の2011年、テレビで共演していたタレント神戸蘭子との密会が報じられた。

 しかし、もっとも大きなスキャンダルに関わったのは、こともあろうに原監督だ。2012年、「週刊文春」に、過去の女性問題で元暴力団員に1億円を支払ったことが報じられたのだ。相手が反社会的勢力だけに、野球協約に抵触、球界から追放されかねない大スキャンダルだったが、なぜかコミッショナーはだんまりを決め込み、うやむやになってしまったのである。

 ネット上には厳しい声があふれている。

《巨人のこういう隠ぺい体質は昔から全然変わってない。空白の1日もそうだけどやり方が汚い》
《人気、実力があればお咎めなしというチームはどうなんだ?プロに憧れる子ども達のためにもしっかりしてくれ》
《「紳士たれ」を標榜する球団?聞いて呆れる》

 球界きってのスター、球界一の人気球団。これでいいのか――。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c3edc2a5d0513161bc5e2fa69c6e251f62c4ef6

【【野球】坂本だけじゃない!「反社に1億円」の原監督ほか、巨人軍「紳士たれ」が聞いてあきれる!】の続きを読む


(´・ω・`)

1 jinjin ★ :2022/09/21(水) 15:37:26.30ID:CAP_USER9
『文春オンライン』が報じた巨人・坂本勇人の中絶トラブル報道。未だにスポーツ紙やテレビ局は一切報じていない。

厳しい報道とは裏腹にネット記事やSNSを中心に坂本が“やらかした”件については、くすぶることなく炎上しつづけている。

「文春では女性との卑猥なやり取りをしていたLINEのスクリーンショットが掲載されていました。試合でもそのやり取りを揶揄したようなヤジが飛んでいますよ。坂本語録を一覧にまとめて掲示板に書き込んだりしているものもいて、すでに“ネタ”になっている。一方心から巨人を大事に思っているファンたちは、坂本の無責任な行動を腹立たしく思っているのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏はこのスキャンダルについて自身のユーチューブで『巨人軍、坂本勇人選手の女性報道。古舘が物言う!テレビ新聞は全スルーの事実。マスコミ報道の信用問題』とのタイトルで動画を投稿。
同じ業界で長らく活躍する古舘もマスコミの姿勢に疑問を呈している。

「スポーツ選手全般に言えることですが、プライベートのスキャンダルなどで映像や写真を勝手に使用して報じることはできません。特に野球は試合の中継やキャンプ取材などもありますし、非常に付き合いが深い。過去にはちょっと“下手”を打っただけで球場の入場パスを取り上げられ“出禁”になったディレクターもいるほど厳しいんです」(テレビ局関係者)

「坂本に限ったことではないかもしれませんが、選手の中には“どんなスキャンダルを起こしてもマスコミからは責められないだろう”という安心感がどこかにあるのかもしれません。五輪で日本代表になり、金メダルをとった坂本には子供の目標になるような行動をしてほしいと思いますが…」

https://news.yahoo.co.jp/articles/e41830f7acb7a377d98a012173a2c8e7147f6293

【【野球】巨人・坂本勇人、中絶トラブルでもマスコミは報道自粛!未だにスポーツ紙やテレビ局は一切報じず!!】の続きを読む


色々あるなぁ・・
(´・ω・`)

1 Anonymous ★ :2022/09/19(月) 09:26:00.77ID:CAP_USER9
巨人・坂本勇人の「中絶トラブル」の余波が収まらない。

9月10日公開の『文春オンライン』記事によると、坂本は20代の女性と継続的に肉体関係を持ち、過激なプレイや避妊具なしでの性行為をたびたび要求していたという。女性から妊娠を告げられると「おろすならおろすで早いほうがええやろ?」「おろしてくれるなら会うよ」などと迫り、精神的に追いつめられた女性は自殺未遂を起こしてしまったという。

「9月17日には『今回の坂本の事件を扱ったテレビ局は健康状態が注視されている長嶋茂雄氏についての情報が巨人軍から入らなくなる可能性がある』という報道まで出ました。現時点では巨人による坂本に対する処分などは発表されていません」(スポーツ紙記者)

しかし、坂本が肉体関係を持った女性やその関係者から告発されたのはこれが初めてではない。『FRIDAY』はこれまで何度も坂本の女性問題を報じている。

「いきなり服を脱がされて『早くナメてよ』ってフェラさせられました。甘いマスクなのにオラオラ系で。『避妊して』って頼んでもナマで挿れてきて、『お願い外で出して』と頼むと『当たり前や!』とイラついた声で返されました」

15年2月、『FRIDAY』にそう告白したのは巨人軍キャンプ地のある宮崎市内のキャバクラ嬢だったユミさん(仮名)。店に飲みにきた坂本から宿泊しているホテルに呼び出された彼女は、上記のように避妊具なしの性行為を強要されたと告白した。

帰りがけに坂本はユミさんにタクシー代ということでクシャクシャの紙幣を差し出したという。その額について彼女が思わず不満そうな言葉を漏らすと、坂本はこう答えたという。

「もっとあげてもいいけど、おカネもらいに来たの?カネに困ってんの?」

そんな坂本のあまりの傍若無人な態度にユミさんは本誌への告発を決意したという。

坂本にこのように急に呼び出されたのは一度だけではなかったという。この”事件”がより問題だったのは、坂本がユミさんと関係を持っていた時期が、”体操界の妖精”と呼ばれた元体操選手・田中理恵との交際期間とまるかぶりだったのだ。

「坂本と田中は”結婚秒読み”と言われていました。破局の原因は定かではありませんが、たびたび報じられた坂本の女性問題は無縁ではないでしょう」(前出・記者)

坂本は今回の問題にどう”落とし前”をつけるのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d43d1510f5354b079887a70fe295f9f60016801a

【【FRIDAY】巨人・坂本勇人、キャンプ地宮崎での衝撃の悪事がバラされる!?】の続きを読む



(出典 img.tokyo-sports.co.jp)

そうなんや・・(・ω・`)

1 Anonymous ★ :2022/09/17(土) 13:12:13.84ID:CAP_USER9
「文春に出てた巨人坂本選手のネタ、取り扱いNGです。巨人からこれを扱ったら、長嶋さん関連の情報を渡さないとなっているそうです…」

 このメッセージは、全国ネットで放送されているあるワイドショーのスタッフが、全員が共有するグループチャットに流したものだ。「巨人坂本選手のネタ」とは、9月10日に文春オンラインが報じたプロ野球の坂本勇人選手と一般女性A子さんの中絶トラブルのことである。

 この件については、今年8月に性加害スキャンダルが週刊新潮で報じられた俳優の香川照之の記事の「後追い」報道が各テレビ局のワイドショーやスポーツ紙を賑わせたのに対して、全テレビ局、全大手紙が「沈黙」を保っており、SNSなどでは「プロ野球選手の不祥事にはメディアの忖度が激しいな」などと批判が集まっている。

 今回文春オンラインが入手したチャットのメッセージはそうした大手メディアの「忖度」が常態化している実態を表したものと言えるだろう――。

↓記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/57556?page=1

【【文春】「巨人坂本選手のネタ、取り扱いNGです。扱ったら長嶋さん関連の情報渡さないと・・」ワイドショー制作陣に流れた忖度チャットとは!】の続きを読む


なんか怖いわ・・
(´・ω・`)

1 muffin ★ :2022/09/12(月) 14:51:57.85ID:CAP_USER9
9月10日の「文春オンライン」が巨人・坂本勇人の女性問題を報じ、その衝撃的な内容が波紋を呼んでいる。坂本には数年間にわたって継続的に肉体関係のあった女性がおり、その女性が妊娠したというのだが…。

「記事では、女性と坂本の生々しいやりとりが音声付きで報じられています。坂本は営みをする際は、中で暴発したいタイプだったようで、女性には3万円でアフターピルを飲ませていたものの妊娠が発覚。相手が『好きな人の子供だったからちょっと嬉しかったけど』と告げるも、坂本のほうには“産んでもらう”という選択肢はまったくなかったようで『きついな』と言って、早期の中絶を促していました」(週刊誌記者)

また、《おくちにいれたい おえおうさせたい》《来たらすぐいれよ いい?いきなり苦しいやつ》《髪もひっぱりたい。だめ?》といったか坂本の“癖”もつまびらかにされていたため、女性が集まるネット掲示板では、「気持ち悪い」「パワーワードありすぎやろ」「香川のほうが数倍マシ」といった嫌悪感むき出しのコメントが連打されている。

プレイボーイとして知られる坂本は、過去にも“オラオラ系”な素顔が報じられていたが、ここまで具体的な“要求”が表に出てしまったことで、流れ弾を食らってしまうのが、過去に交際が噂された有名人たち。

「2013年にはダレノガレ明美が坂本のユニフォーム姿をSNSに投稿し、2年ぶりに彼氏ができたことを報告。しかし、相手が『クラブに遊びに行くようなチャラい人』だったことで交際1カ月半のスピード破局。翌2014年には元体操選手の田中理恵との熱愛を写真誌にスクープされ、結婚間近とも報じられたことも。また近いところでは、2020年の『アッコにおまかせ!』(TBS系)にて、芸能ジャーナリストが《超人気スポーツ選手Sとある人気女優が熱愛》とのネタを披露。この時は橋本環奈説と本田翼説が持ち上がりました。いずれにせよ、坂本から世間に今回の女性同様の“要求”をされていたのではないかと邪推されかねないだけに、元カノたちにとってはいい迷惑でしょう」(前出・週刊誌記者)

無避妊中絶トラブルでも普通に試合に出ている坂本を見て、香川はどう思うだろうか。

https://asajo.jp/excerpt/152281

【【芸能】香川照之のほうが数倍マシ!巨人・坂本勇人の「過激プレイ癖」発覚で元カノ芸能人に流れ弾!!】の続きを読む


すげえなぁ・・・
(´・ω・`)

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/08/09(火) 20:48:31.31ID:CAP_USER9
 お笑いタレントのお見送り芸人しんいち(37)が9日、自身のYouTubeチャンネルで緊急生放送を配信。同日に「文春オンライン」で“7人と同時交際”と報じられた件について、釈明した。

 共に画面に現れた「ランジャタイ」国崎和也から“ドスケベ、7股!”とイジられたしんいちだったが、「文春で記事になりまして。写真も撮られているので、言い訳しようもないっていうか…」と、苦笑するしかない様子。

 「交際はしてないんです。女性の方には、先に“お付き合いできない”とは言ってるんですよ。7股とかじゃなくて、全員がOKを出してくれてるんです。お互いの寂しさを紛らわせる関係っていうかね。お互いにスケジュールが合ったときに、ってことで」と事情を説明した。

 その後、国崎の悪ノリから「R-1トロフィー」に土下座謝罪する一幕も。「ホンマに笑ったら、マジで叩かれるから!」とツッコミを入れながらも、「いろいろとお騒がせしておりますが、日ごろから応援してくださっている方、本当に申し訳ございませんでした。芸が疎かにならないように、頑張ります」と謝罪。最後は「7人の女の子たち、今後ともよろしくお願いします」と深く頭を下げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6cb733e977f246d40bd7779bd2b9096066367ae


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


【【芸能】お見送り芸人しんいち、7股報道を釈明「全員がOK出している」「お互いの寂しさを紛らわせる関係」】の続きを読む

このページのトップヘ