なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

市川猿之助


これからどうするんやろ・・
(・ω・`)

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/27(月) 08:32:37.48 ID:rFhNBixr9
「一家心中」事件から1年

 昨年5月18日、都内目黒区の自宅で父・市川段四郎(享年76)と母親(同75)と一家心中を図り、自殺ほう助の罪に問われた市川猿之助、本名・喜熨斗(きのし)孝彦(48)。11月17日に下された判決は懲役3年、執行猶予5年の有罪であった。判決に際し、彼は「自分の弱さも自覚し、周囲の方々に相談し、助けていただきながら、一日一日一生懸命に生きていこうと考えています」とコメントしていた。

 その判決から半年、事件発生から1年がたった5月19日の午後4時過ぎ、猿之助は自宅近くの公園にいた。半ズボンにサンダル履き、Tシャツの上にざっくりと羽織った上着が体形を隠すが、引きこもりがちの日々のせいか、かなり痩せたようで、足もすっかり細くなっている。その足元に小さな柴犬が、ちょこちょことまとわりついていた。

子犬を連れて公園へ

 自転車の前かごに子犬を乗せて向かった先の公園は、住宅街の中にあってもひと気は少ない。近所の人が「最近犬を飼い始めたみたいで、一緒に出かけるのをよく見ますよ」と言うように、そこでおよそ2時間、園内を行ったり来たり、犬を歩かせ、自身も歩き、ときおりベンチに座っては、スマホの画面に目を落としていた。

 その後ろ姿には、かつて見た名優・怪優の存在感はない。帽子にマスクにサングラスといういでたちとはいえ、彼が猿之助であると気付く人はなく、帽子からのぞく後頭部は、坊主頭と言っていいくらい見事に刈り上げられている。

 歌舞伎の世界と縁が切れたわけではない。今年1月に行われた段四郎とその兄猿翁の追悼会で、いとこにあたる市川中車こと香川照之(58)が、息子市川團子(20)の指導に猿之助が当たっていることを明かしている。

 ただし、執行猶予が解けるのはまだ先のこと。罪を償ったあとの本格的な復帰を待望する声もあるという。

https://www.dailyshincho.jp/article/2024/05270600/


(出典 www.dailyshincho.com)


(出典 www.dailyshincho.com)


(出典 www.dailyshincho.com)


(出典 www.dailyshincho.com)


(出典 www.dailyshincho.com)


(出典 www.dailyshincho.com)


(出典 www.dailyshincho.com)

【【歌舞伎】市川猿之助「一家心中」事件から丸1年の激変ぶり…】の続きを読む


マジですか・・・
(・ω・`)

1 Anonymous ★ :2024/05/19(日) 19:40:13.15 ID:lFOd/KNl9
1年前の令和5年5月18日、歌舞伎俳優、市川猿之助=本名・喜熨斗(きのし)孝彦=(48)の東京都目黒区の自宅で、両親が倒れているのが発見された。猿之助はその後、前夜に向精神薬を服用させて両親の自殺を手助けしたとする自殺幇助罪で懲役3年、執行猶予5年の有罪とした東京地裁判決が確定。1年がたつ今も表舞台から消えたままだが、まずは表に出ない形での〝復帰〟も探っているようだ。

今年1月28日、東京都内のホテルで開かれた「澤瀉屋(おもだかや) 送る会」。送られるのは、おいの猿之助に委ねるまで長きにわたり澤瀉屋を率い、昨年9月に83歳で死去した市川猿翁さんと、その弟で猿之助の父である段四郎さんの兄弟。だが約700人が献花に訪れた伯父と父をしのぶ場に、猿之助の姿はなかったという。

※略

公判の最終意見陳述で「僕にしかできないことがあればそれをさせていただき、生きていく希望としたい」と語った猿之助。裏方ではありながらも歌舞伎と関わり、自らの非凡な芸を伝えていくことが、「僕にしかできないこと」の一つであることなのは間違いない。一方で取り調べの際にはこう供述していたことも明らかになっている。

↓記事全文はこちら
https://www.sankei.com/article/20240518-UPTWHIKUHZADRM2R3POQOWXCKY/

【【芸能】市川猿之助、自殺幇助事件から1年「僕には歌舞伎しかない。許されるなら…」】の続きを読む



(出典 www.news-postseven.com)

そうなんや・・・
(´・ω・`)

1
Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/29(月) 21:15:39.48 ID:Yw6xlUxN9
 4月中旬、バケットハットをかぶって色つきメガネとマスク姿で、自転車に乗って自宅から出かけていく市川猿之助を目撃。しっかりとハンドルを握った自転車の前カゴには“新パートナー”がひょっこりと顔を出していて─。

猿之助のペット愛

「最近になって子犬を飼い始めたようです。一緒に外出しているのを見かけますよ」(近隣住民)

 澤瀉屋の看板役者だった猿之助が大事件を起こしたのは、2023年5月のこと。

「自身に関するハラスメントの告発記事が世に出ると知った猿之助さんは、自宅で父親である市川段四郎さんと母親の3人で一家心中を決行。結果、猿之助さんだけが一命を取り留めました」(スポーツ紙記者、以下同)

 両親の自殺幇助の罪で起訴された猿之助は、2023年7月に保釈。以降、心中事件を起こした自宅に戻って隠遁生活を送っている。

「2023年11月に執行猶予つきの判決が言い渡されましたが、その際に“生かされた自分に、これから何ができるか考えていきます”と語っていました。ペットを飼い始めたのも、生き物の世話をすることで、自分も生きているという実感を得ようとしているのかもしれません」

 幼少期からの猿之助を知る松竹関係者が語るには、以前から動物好きだったという。

「先代の三代目猿之助である市川猿翁さんが体調を崩した2003年ごろ、猿翁さんは飼い犬を手放さざるをえなくなり、保健所で処分するという話も出たのですが、それを猿之助さんが必死に止めたことがありました」

 今になって動物に心惹かれるのは、幼少期の境遇も影響しているのかもしれない。

「彼は澤瀉屋の後継者として大事に育てられた“箱入り息子”。幼少期から身の回りのことは澤瀉屋の門弟たちからのサポートを受けていました。そんな人生を歩んできたからこそ、自分がペットの世話をするといった“他者を支える喜び”を求めているのでは」(松竹関係者)

「自宅の中は殺伐としている」

 十字架を背負いながらも生きようとする猿之助だが、まだまだ苦難は続くようだ。

↓記事全文はこちら

https://www.jprime.jp/articles/-/31729?display=b

(出典 www.jprime.jp)

【【事件から1年】市川猿之助「一緒に外出しているのを見かけますよ」“新パートナー”を目撃撮…】の続きを読む



(出典 www.nikkansports.com)

何があったの・・?
(´・ω・`)

1
Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/06(土) 00:06:04.42 ID:mFzv0l6m9
 2人の大物俳優にとって、今回の選択は苦渋の決断だったようだ━━。4月1日、芸能事務所「ケイファクトリー」が俳優の佐々木蔵之介(56)と佐藤隆太(44)が専属契約満了で退所することを発表した。

 佐藤は自身のインスタグラムで《まだ10代の学生だった私を温かく迎え入れてくださってから今日に至るまで、本当にかけがえのない時間を過ごすことができました》などと、感謝の思いを綴った。今後については、《新しい環境に身を置くことになります》とコメント。佐々木は、新事務所「アンカー」に所属することが発表された。今回、NEWSポストセブンは2人が「決断」に至った背景を取材した。芸能プロ関係者が語る。

「蔵之介さんと隆太さんはNHKの朝ドラや大河ドラマの常連で、知名度も全国区です。前事務所の『ケイファクトリー』には、川平慈英さんに升毅さん、女優の朝加真由美さんも所属していますが、退社した2人は事務所の看板俳優で、稼ぎ頭でもありました。数十年も在籍し、事務所とともに成長してきた彼らが退所する決意を固めたのは、相当な覚悟だったと思います」

 京都の有名な造り酒屋を実家に持つ佐々木は、神戸大学卒業後に関西の広告会社に勤務し、30歳で上京。2000年に出演したNHK連続テレビ小説『オードリー』で脚光を浴び、ドラマや映画に活動の幅を広げ、今や人気作品には欠かせない俳優のひとりとなった。

 一方の佐藤は、日大芸術学部在学中に舞台の一般公募で選ばれたのを機に俳優デビュー。2000年に宮藤官九郎脚本のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(日本テレビ系)、2008年の『ROOKIES』(TBS系)で一躍人気俳優となった。

 そんな2人の突然の退所劇。関係者を取材すると、昨年に起きた2つのある“重大事件”が引き金となっているという。1つ目の要因は、当時同じ事務所に所属し、自殺ほう助容疑で逮捕された歌舞伎俳優・市川猿之助(48)の事件だった。

 同年11月に東京地裁で懲役3年、執行猶予5年の判決が確定した影響で、猿之助が総理大臣役で出演していた『劇場版 緊急取調室THE FINAL』が公開延期となったのだ。

 猿之助の有罪判決を受けて「ケイファクトリー」は昨年11月17日付で契約を解除。『劇場版 緊急取調室THE FINAL』の猿之助出演シーンは撮り直しとなり、半年以上経った今も公開のめどは立っていない。猿之助と仲の良かった佐々木のショックは大きかった。

「蔵之介さんは、2014年に当時に猿之助さんのオファーで、歌舞伎デビューもしています。顔の白塗りを猿之助さんに作ってもらうなど、親友といえる関係でした。しかし、蔵之介さんは猿之助さんの事件で公開が延期された映画『緊急取調室』にも重要な役で出演していて、責任を感じて映画関係者らに何度も謝っていたそうです。猿之助さんの事件以降、蔵之介さんとしても仕事がしづらい状況が続いていたようです」(同前)

 そして、2つ目の要因は、昨年7月の中古車販売大手「ビッグモーター」の保険金不正請求問題だ。

 ビッグモーターを巡っては、事故車の修理際、故意に車体にキズを加えるなどして損害保険会社に保険金を水増し請求していたことが発覚。「車を売るならビッグモーター」のキャッチフレーズで飛ぶ鳥を落とす勢いだった同社のCMを2017年から務めていたのが佐藤だった。

「佐藤さんのCM契約金はドラマや映画の制作も行っているケイファクトリーにとっても重要な収入源でしたが、まさかビッグモーター側が不正を行っていたとは知らず、困惑していたようです。

 実は隆太さんは1社のイメージが定着するのを避けたいと考えていて、数年前から同社とのCMに『区切りをつけたい』と相談していました。事件を受けて昨年7月にCMを自主降板しましたが、現在も多くの人々に“佐藤隆太=ビッグモーター”のイメージが定着してしまっている状態で、心機一転、事務所を移籍することで再スタートを図りたいと考えたようです」(同前)

“明日にきらめく”ために新たに歩み始めた2人だった。

https://www.news-postseven.com/archives/20240405_1954563.html?DETAIL

【【芸能】佐々木蔵之介、佐藤隆太が苦渋の決断、世間を揺るがせた2つの重大事件…】の続きを読む


そうやな・・・
(・ω・`)

1 おっさん友の会 ★ :2023/11/19(日) 16:30:57.51 ID:4DI5iGy49
400年以上を誇る歌舞伎の歴史において未曾有の凶行から、半年が過ぎようとしている。11月17日、歌舞伎役者・市川猿之助被告(47才)に判決が言い渡される。問われているのは、父・市川段四郎さん(享年76)と母(享年75)に睡眠導入剤を服用させ自殺を手助けしたとする自殺幇助の罪だ。

「先立って10月20日に行われた公判では、猿之助被告は起訴内容を“間違いありません”と認め、両親と3人で自殺することを決めたと明かしました。

はじめのうち、段四郎さんは“舞台に対する責任はどうするのか”と自殺を思い留まるよう訴えていたそうです。しかし、母親は“ひとりで逝かせるわけにはいかない”と猿之助被告に同調し、段四郎さんも“ひとりだけ残されたくない”と話したので、両親の死を手伝ったと猿之助被告が明かしました。ただ、3人だけの密室でのことなので、真相は藪の中です」(全国紙社会部記者)

 一方で、猿之助は歌舞伎を「幼い頃から歌舞伎をやらせてもらい、私の存在そのもの」と話した。

【中略】

●「未成年者への性加害」疑惑の報道も
 自殺幇助の罪については裁判で事情が明らかにされ、量刑も確定した。一区切りだ。それとはまったく別の深刻な問題として、猿之助の「パワハラ・セクハラ」疑惑は何も明らかにされないまま、この半年間、完全に放置されてきた。
猿之助本人の口からは何も語られず、歌舞伎界も一切それに触れず、メディアさえも黙殺してきた。

本誌『女性セブン』は2023年5月18日発売号で、猿之助によるセクハラ・パワハラ疑惑を報じた。一門の弟子筋の歌舞伎役者や俳優、裏方スタッフに対し、手を握ったりキスを迫ったりしたほか、一緒に風呂に入るよう求めたりしていた。中には、「ベッドに誘われ下半身を好き勝手に弄ばれた」といった、猿之助による「性加害」の告発もあった。

↓記事全文はこちら
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1920657

【【芸能】市川猿之助、罪が確定しても「性加害とパワハラは無視」の深い闇…】の続きを読む


そうなんですか・・・
(・ω・`)

1 ネギうどん ★ :2023/09/06(水) 09:40:07.48 ID:aiyDTpYX9
歌舞伎俳優・市川猿之助被告の〝異様な日常〟が物議を醸している――。

同被告は今年5月に東京・目黒の自宅において、意識もうろう状態で発見。2階リビングには父・段四郎さんと母親が倒れており、その後死亡が確認された。

猿之助被告は女性誌報道を苦にして〝一家心中〟を企てた自殺ほう助容疑で逮捕され、7月に起訴、保釈された。

その後、猿之助被告は都内病院に入院したとされたが、8月31日発売の『女性セブン』によると、すでに退院し〝事件現場〟である自宅に戻ったという。同誌では変装して外出する同被告の近影が収められている。

これに驚きの声を上げるのがスポーツ紙芸能担当記者だ。

「退院はわかるが、その後はてっきり関係者が用意したホテルで10月の初公判を待つものと思っていた。それがまさか事件を起こした自宅に戻っているとは……。

猿之助被告は精神的なショックから病院で療養していたはず。自宅リビングでくつろごうものなら、事件がフラッシュバックする危険もある。正直、よく戻れるなと思う」

続きはソースで
https://friday.kodansha.co.jp/article/330248

【【芸能】市川猿之助、両親が自殺した「事件現場」の自宅で生活…】の続きを読む

このページのトップヘ