なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

執行猶予


そうやな・・・
(・ω・`)

1 おっさん友の会 ★ :2023/11/19(日) 16:30:57.51 ID:4DI5iGy49
400年以上を誇る歌舞伎の歴史において未曾有の凶行から、半年が過ぎようとしている。11月17日、歌舞伎役者・市川猿之助被告(47才)に判決が言い渡される。問われているのは、父・市川段四郎さん(享年76)と母(享年75)に睡眠導入剤を服用させ自殺を手助けしたとする自殺幇助の罪だ。

「先立って10月20日に行われた公判では、猿之助被告は起訴内容を“間違いありません”と認め、両親と3人で自殺することを決めたと明かしました。

はじめのうち、段四郎さんは“舞台に対する責任はどうするのか”と自殺を思い留まるよう訴えていたそうです。しかし、母親は“ひとりで逝かせるわけにはいかない”と猿之助被告に同調し、段四郎さんも“ひとりだけ残されたくない”と話したので、両親の死を手伝ったと猿之助被告が明かしました。ただ、3人だけの密室でのことなので、真相は藪の中です」(全国紙社会部記者)

 一方で、猿之助は歌舞伎を「幼い頃から歌舞伎をやらせてもらい、私の存在そのもの」と話した。

【中略】

●「未成年者への性加害」疑惑の報道も
 自殺幇助の罪については裁判で事情が明らかにされ、量刑も確定した。一区切りだ。それとはまったく別の深刻な問題として、猿之助の「パワハラ・セクハラ」疑惑は何も明らかにされないまま、この半年間、完全に放置されてきた。
猿之助本人の口からは何も語られず、歌舞伎界も一切それに触れず、メディアさえも黙殺してきた。

本誌『女性セブン』は2023年5月18日発売号で、猿之助によるセクハラ・パワハラ疑惑を報じた。一門の弟子筋の歌舞伎役者や俳優、裏方スタッフに対し、手を握ったりキスを迫ったりしたほか、一緒に風呂に入るよう求めたりしていた。中には、「ベッドに誘われ下半身を好き勝手に弄ばれた」といった、猿之助による「性加害」の告発もあった。

↓記事全文はこちら
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1920657

【【芸能】市川猿之助、罪が確定しても「性加害とパワハラは無視」の深い闇…】の続きを読む



もう裁判してるんや・・
(・ω・`)

1 muffin ★ :2023/10/20(金) 15:33:16.49 ID:OXpa9p6u9
両親の自殺を手助けしたとして自殺ほう助罪に問われた歌舞伎俳優の市川猿之助(本名・喜熨斗(きのし)孝彦)被告(47)は20日、東京地裁(安永健次裁判官)で開かれた初公判で「間違いはありません」と述べ、起訴内容を認めた。被告人質問では「申し訳ないことをした。後悔の気持ちでいっぱいだ」と話した。検察側は懲役3年を求刑し、結審した。判決は11月17日。

中略

「許されるなら再び歌舞伎に…」

検察側は冒頭陳述で、猿之助被告は弟子へのハラスメント疑惑が週刊誌に報じられることを17日に把握し、「記事が出れば世間は信じる。これまで一門の人に不満を抱かせていたかもしれない」と考えて自殺を決意したと指摘。自宅で両親に「死ぬしかない。耐えられない」と告げると、母が「分かった。私たちも一緒に逝く」と応じたとした。

検察側は猿之助被告が捜査段階で「許されるなら歌舞伎に関わり(再び)舞台に立ちたい」と供述したとする調書も読み上げた。

自殺ほう助罪は刑法に規定され、自殺を決意している人に対し、道具や方法を提供するなど、自殺を容易にする手助けをした場合に成立する。法定刑は6月以上7年以下の懲役または禁錮。

猿之助被告は段四郎さんと共におじの二代目市川猿翁さん(故人)の一座に身を置き、情味のある芝居や身体能力の高さで観客を引きつけた。スーパー歌舞伎の創作にも力を注いだ。テレビでも活躍し、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」やTBS系の「半沢直樹」のほか、バラエティー番組にも出演していた。

続き・全文はソースをご覧ください
https://mainichi.jp/articles/20231020/k00/00m/040/154000c

【【裁判】市川猿之助被告に懲役3年求刑…「後悔の気持ちでいっぱい」】の続きを読む


そうなったんや・・・
(´・ω・`)

1 香味焙煎 ★ :2022/12/27(火) 17:16:08.44ID:+wN42pFO9
 山口県阿武町が誤給付した新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円をオンラインカジノで利用しようと全額を別の口座に振り替えたとして、電子計算機使用詐欺の罪に問われた田口翔被告(24)の第2回公判が27日、山口地裁であり、結審した。検察側は「犯行は大胆で悪質」と懲役4年6月を求刑し、弁護側は同罪は成立しないとして無罪を主張した。

 被告は最終意見陳述で「多くの方々にご迷惑をお掛けしました。申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。小松本卓裁判官は判決期日を来年2月28日に指定した。

https://nordot.app/980382373363384320

【【社会】阿武町の誤給付、詐欺罪で求刑!田口翔被告に懲役4年6月!】の続きを読む

このページのトップヘ