なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

ヒロド歩美



(出典 www.yoshimasa-hosoya.com)

そうなんや・・・
(´・ω・`)

1
ぐれ ★ :2023/07/22(土) 08:19:02.75 ID:+acIJMM/9
 テレビ朝日がフリーのヒロド歩美アナウンサー(31)を看板番組「報道ステーション」に起用するなど重用していることが、局内で大きな波紋を呼んでいる。役員待遇の大下容子アナら若手育成を担っているベテランたちはじくじたる思いを抱き、若手アナからは不満も出ているというのだ。アナウンス部は不穏な空気に包まれている。

 ヒロドアナは今年3月末に大阪の朝日放送テレビ(ABCテレビ)を辞めてフリーに転身。4月からテレ朝の看板ニュース番組「報道ステーション」のスポーツ担当キャスターに就任。番組が「華やかになった」と視聴者からも好評だ。

 さらに、ヒロドアナはテレビ朝日系の夏恒例番組「熱闘甲子園」(8月6日スタート)のキャスターを続投することも先月末に発表となった。ABCに入社した2014年から高校野球の取材に携わり、16年から「熱闘甲子園」のキャスターを務めていた。

 報ステ起用については、テレ朝のドン・早河洋代表取締役会長の「お気に入りだから」と指摘する声が局内から出ている。

「フリーに転身したアナを系列局の看板番組で起用するのは異例ですからね。もっとも報ステの視聴率は好調です。最近はワイドショー的な内容を強めていることに加えて、ヒロドアナ加入の影響も大きな要因とされています」(テレ朝関係者)

 一方で、テレ朝のアナウンス部は何やら不穏なムードに包まれている。

 特に役員待遇で女性アナトップである「エグゼクティブアナウンサー」の肩書を持つ大下容子アナら管理職アナは現状を嘆いているという。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/adfeb7f9d6126b02b3ba4f94d0277e8da2df5d24

【【芸能】ヒロド歩美「報ステ」重用に若手アナやっかみ !〝役員待遇〟大下容子アナは危機感…】の続きを読む


そうなんや・・・
(´・ω・`)

1
ネギうどん ★ :2023/04/01(土) 11:41:20.15ID:pUmL9pyI9
ABCテレビを3月で退社するヒロド歩美アナウンサー(31)が、27日の放送で月曜日キャスターを務めていた『newsおかえり』(関西ローカル)を卒業。「最後のロケ」として先輩アナとのラーメンの食レポ企画が放送され、9年前の新人時代は「12球団の名前すら言えなかった」と先輩アナから暴露されていた。

そんなヒロドアナだが、入社後に猛勉強。『熱闘甲子園』を任され、WBCのキャンプ取材でも注目の的だった。

「兵庫県出身で阪神タイガースのファン。一時は、元阪神で現アスレチックスの藤浪晋太郎との交際説も流れたほど。球界にはヒロドアナのファンも多く、存在感は抜群でした」(スポーツ紙記者)

4月からは、フリーとしてテレビ朝日系『報道ステーション』のスポーツキャスターに就任する。

「このため、現スポーツキャスターの安藤萌々アナや、木曜日のメインキャスターの渡辺瑠海アナなどを巻き込んだ”玉突き人事”が発生。系列の女子アナにポジションを奪われた格好の2人を含め、テレ朝アナウンス部には、早くも”ヒロド憎し”のムードが漂っているそうです」(同・記者)

「ダブルプレーも分からないんですか?」
中でも強い拒否反応を示しているのが同局のエース・弘中綾香アナ(32)で、早くも”共演NG”を出していると噂されている。

「2人は、2019年に放送されたテレ朝のスポーツバラエティー特番『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』の野球を題材にしたコーナーで共演。その際、ある”事件”が起こっていた」(他局のスタッフ)

『週刊女性』(主婦と生活社)によると、バラエティーが主戦場で野球に詳しくない弘中アナがルールも分からず右往左往していたところ、カメラが回っていないところでヒロドアナが『弘中さん、ダブルプレーも分からないんですか?』とかなり強いトーンでマウントを取ってしまったというのだ。

「以来、弘中アナがヒロドアナを共演NGにしているそうです。そんなヒロドアナがテレ朝に乗り込んでくるのですから、局の関係者は2人がニアミスしないか戦々恐々。機嫌の悪い弘中アナの周囲には近づかないようにしている」(同・スタッフ)

ダウンタウンの浜田雅功など、バラエティーの大物からも愛されているヒロドアナは、すでにフリーとして活躍している女子アナたちからも”警戒”されているという。

いきなり四面楚歌になりそうなヒロドアナが、どう逆境を打破するのかが見ものだ。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/99422

【【芸能】弘中綾香アナがヒロド歩美アナを「共演NG」にした4年前の“マウント事件”とは?】の続きを読む


へー、そうなんや・・!
(´・ω・`)

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/03/01(水) 15:13:25.88ID:BJfe1E+a9
 テレビ朝日は1日、報道ステーションの4月クールからヒロド歩美を起用することを発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/942b8cf6c78931896085f16d8710aa36fbb2ec28

【【テレ朝】報道ステーション、ヒロド歩美アナを起用!】の続きを読む


そうなんや・・・
(・ω・`)

1 ネギうどん ★ :2023/02/20(月) 21:41:22.72ID:Z4hE7Yb29
トップ3は年収1億円超のハイレベルな争いとなった。フリー転身1年目で「大台突破」が囁かれるヒロド歩美アナについて、テレビ関係者が語る。

「近年、新井恵理那とホラン千秋の〝2強時代〟が続いていましたが、今春からフリーになるヒロドアナはツートップを脅かす存在となるでしょう」

 そこまでヒロドアナが高い評価を受ける理由とは?

「関西圏以外の視聴者にとっては『芸能人格付けチェック』『熱闘甲子園』(いずれもテレ朝系)の印象が強いかもしれませんが、情報番組のMCとしてもピカイチ。卓越した仕切りのテクニックから、スタッフの間では『女版・宮根誠司』と呼ばれています」(テレビ関係者)

 ヒロドアナの武器は卓越したアナウンス技術にとどまらない。

「芸人からの評価も非常に高く、『格付けチェック』で共演するダウンタウン・浜田雅功とは、とりわけ親密な間柄です。退社後、当面は事務所に属さないようですが、吉本興業が猛アプローチを続けています」(テレビ関係者)

 類いまれな「オヤジ殺しキャラ」を発揮すれば、帯番組のレギュラー獲得も手の届くところか。

↓記事全文はこちら
https://asagei.biz/excerpt/55257?all=1

【【芸能】フリー女子アナ「年収ランキング」ガチ公開!新井恵理那とホラン千秋の2強をヒロド歩美が脅かす!】の続きを読む


そうなんですか・・・
(´・ω・`)

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/31(火) 19:25:13.37ID:QIYrgJfr9
 毎年恒例だが、この時期には女性アナウンサーの今年度限りでの退社報道が相次ぐ。1月29日のフジテレビ系情報番組『Mr.サンデー』の生放送で、MCの三田友梨佳アナウンサー(35才)が自ら3月31日付けでのフジテレビ退社を発表したが、関西でも人気女子アナの1人が退社する。ヒロド歩美アナウンサー(31才)が、朝日放送テレビ(ABC)を3月いっぱいで退社してフリーになることが、女性セブンの取材で分かった。退社後は、当面はマネジメント事務所に入らずに個人で動いていくという。

 早稲田大学卒業後の2014年4月に朝日放送に入社。1年目の7月22日には、同局の名物番組で全国ネットの高校野球地方大会のダイジェスト番組『速報!甲子園への道』でデビュー。その後も2016年から『熱闘甲子園』のキャスターとして活動、“甲子園の女神”とも呼ばれた。さらに2017年からは『サンデーLIVE!!』で司会の東山紀之(56才)を支えるサブキャスターと、系列キー局のテレビ朝日の番組にも出演し、関西にとどまらず全国的に知られる存在として活躍してきた。

 ある芸能関係者は「朝日放送の女性アナウンサーが全国ネットのテレ朝の情報番組でレギュラーキャスターを任されたのは、2000年代後半の『サンデープロジェクト』の赤江珠緒さん(48才)以来で、まさに関西では10年に1人の逸材でした」と振り返る。

 また、ダウンタウン浜田雅功(59才)のお気に入りアナとしても有名だった。2015年から正月、春と秋に放送の人気バラエティー特番『芸能人格付けチェック』で、浜田の3代目パートナーを8年間も務めてきた。さらには、一方の松本人志(59才)が審査員を務める、年に1度の若手漫才コンビ日本一を決める『M-1グランプリ』でもリポーターを担当するなど、芸能界の大御所コンビと縁も深い“特別な女子アナ”。それだけに、フリーになる衝撃は大きい。

 ある朝日放送の関係者はヒロドアナの心境をこう代弁する。

「独立してフリー転身というとギャラ目当てとみられることが定番ですが、彼女の場合はそれが理由ではありません。実は朝日放送は、テレビ局全体でもなかなかの高給で、東京のキー局以上の待遇とも言われています。このままなら出世も見込めて社内での立場は安泰でした。

 ただ、彼女自身、テレビ業界全体を覆う先行きの不透明さ、ネット配信媒体の躍進などに危機感を感じていたようです。もっと幅広い仕事をするために退社を決めたそう。朝日放送は好きだという彼女としては苦渋の決断だった」

 2020年からは同局の東京オフィスに赴任していて、全国的な知名度もあるだけに、「第二の赤江珠緒」として、東京が主な活動拠点となるのか。ただ、生まれ故郷は兵庫県宝塚市で、女子高生時代から大の阪神ファン。特技の英語で『六甲おろし』を歌ったり、タイガース関連の番組に多数出演してきた経歴は、フリー転身後の大きな武器にもなりそう。そのあたりも気になるところだ。

 朝日放送にヒロドアナの退社について問い合わせたが、「何も把握していません」と答えるのみだった。

 すでに、お世話になった関係者らには報告済みで、近く正式に発表するとみられている。

https://www.news-postseven.com/archives/20230131_1836994.html?DETAIL

【【テレ朝】ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが苦渋の決断!!】の続きを読む



変やったんや・・
(´・ω・`)

1 フォーエバー ★ :2022/09/24(土) 20:04:12.40ID:CAP_USER9
 お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功(59)が、24日放送のABCテレビ『ヒロド歩美のレジェンドに会いたい 浜田雅功 初めての告白90分!』(後3:00~4:30)に出演し、スパルタ高校時代を振り返った。

 地元・尼崎の中学を卒業して浜田が進んだのは、当時、関西中の悪ガキが恐れた「何をするにも全力」の全寮制高校。今回、番組MC・ヒロド歩美アナウンサーの取材で、同校出身の後輩たちの声も交え、高校時代の浜田の姿から成功の秘けつを掘り下げた。

 後輩・中尾基弘さん(55)さんが寄せた「泣くまで校歌斉唱させられた」というエピソードに絡み、浜田が高校時代に“泣かされた”という思い出を語り、スタジオが騒然となった。

 浜田は「コンクリートの上で朝から晩まで正座されて泣かされました」と明かし、「(足の)感覚がなくなってくるやん。ちょっとわろてまう。その悲しさでまた泣く。立てと言われても立てへん」と苦笑い。スタジオからは「江戸時代の拷問ですか?」という声があがった。

 また、浜田は「先生から平気で殴られていた」と言い、中尾さんが“炊飯ジャー”でどつかれたのに対し、「炊飯ジャーなんか軽いもんやで」と自身は“松葉杖の先”が飛んできたとしみじみ。その先生は「先生をシバいたりもしてた」と衝撃の裏話も披露した。

 それでも、最後には「今の自分があるのは日〇学園のおかげです。ありがとうございました!」と高校時代さながらに絶叫していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/163539bd40e0c708c4aaa4be847340127221bb61

【【芸能】浜田雅功、高校時代に朝から晩まで正座させられ「江戸時代の拷問ですか!?」】の続きを読む

このページのトップヘ