なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

バッサリ



(出典 www.crank-in.net)

そうなんや・・・
(´・ω・`)

1
ネギうどん ★ :2024/02/28(水) 10:18:22.07 ID:ygDR344v9
お笑い芸人の霜降り明星・粗品が2月26日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。最近SNSで話題になったニュースを取り上げ、先輩芸人のニュースにも容赦なく斬り込んだ。

粗品は、100パーセント片方が悪いという事件でもなんとか絞り出し、1人で賛否両論を語る「1人賛否」スタイルでニュースを紹介。まず、最初に取り上げたのは「FUJIWARA藤本活動再開」のニュースだ。藤本は、昨年10月に道路交通法違反容疑で略式起訴された。当て逃げだったため批判が集中し芸能活動を自粛していたが、2月23日活動を再開する事が吉本興業から発表された。

藤本の謝罪動画も見たと話した粗品。先輩ではあるもののまた共演できたら嬉しいと明かしたが、「まだちょっと復帰早ない?」とバッサリ。粗品は「1人賛否なんで。我が社の先輩ということで。肩入れしすぎたかなというので、ちょっとバランスを取ってます」と補足しながら、4ヶ月での復帰に異議を唱えた。今後、藤本の芸風に影響が出る事も心配しているそうで「人をイジることばっかりしてた人やから」と、周りから事件についての扱い方がどうなるのか気にしているようだった。

↓記事全文はこちら
https://myjitsu.jp/archives/457888

【【芸能】粗品、フジモン活動再開をバッサリ「まだちょっと復帰早ない?」】の続きを読む



(出典 m.media-amazon.com)

そうなの・・?
(´・ω・`)

1
ネギうどん ★ :2023/05/24(水) 09:42:05.30ID:QLKxNvrt9
 ダウンタウン・松本人志(59)が、企画・プロデュースするAmazon プライム ビデオの「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」。賞金1000万円を賭けて「笑ったら負け」のルールのもと、密室内でありとあらゆる手を使った「笑わせ合い勝負」を繰り広げるお笑いドキュメンタリーだ。2016年にスタートし現在まで11シリーズが揃い、5月26日からは「シーズン12 UNLIMITED」が配信される。

 番組の最大の特徴は、地上波では絶対に放送できない「過激な笑い」にある。画面にモザイクが入れられることも少なくなく、2019年には「収録された内容が下品すぎる」との理由から、1シリーズが丸ごとお蔵入りになるハプニングまで起きた。

■ケンコバと「モストデンジャラスコンビ」で人気を集めた村越周司氏

 そんな「ドキュメンタル」について、松本の後輩にあたる「元吉本芸人」から辛辣な批判が出ている。5月11日、YouTubeで「元芸人村越が松本人志プレゼンツ『ドキュメンタル』をディスってみた!」と題した動画を公開したのが、村越周司氏(50)だ。かつてケンドーコバヤシと「モストデンジャラスコンビ」として活動して人気を集め、ピン芸人としても「孤高のギャガー」と称されるカルト的存在に。昨年8月末で吉本興業を退所した後は、自身のYouTubeチャンネルで忖度なしのお笑い論評を行っている。

 その動画の冒頭、「笑いってさじ加減がめちゃめちゃ重要だと思うんですよ」と切り出した村越氏。路上で全裸になって排泄するなど過激な内容で話題となったアメリカのバラエティー番組「ジャッカス」を引き合いに出し、「明らかに過激すぎますよね」と指摘した。

 続けて「ドキュメンタル」を「それに近いことやってる」として、出演芸人が陰部を露出するのが恒例になったことに触れ「これをOKにしてる意味がわからん」と疑問を投げかけた。

 また「暴力の笑い」や「汚い笑い」についても言及。「蹴ったり小道具でどついたり。もうそんなんええって。見ててしんどいねん」「これ面白いですか? 気分悪いだけですよ」とバッサリ。

 さらに「日本の笑いって、もっと知的でレベルが高い」「僕は日本の笑いが一番面白いと思っている」という村越氏は、「ドキュメンタル」がAmazon プライム ビデオで全世界に配信されていることについて「日本の恥」と指摘したのだ。

 動画のラストには、「もうしんどいよ、このコンテンツは。分かったかな人志くん」と先輩である松本に呼びかけた。

 元人気芸人による「ドキュメンタル」批判に賛同するお笑い関係者もいる。

「『日本の恥』は言い過ぎかもしれませんが、たしかに下品すぎて笑いにくくなっている側面はありますね。とりわけ最近のシリーズでは、ギャグの質で勝負するのではなく、どこまで『やったらいけないこと』をやるかのチキンレースになっている。これでは、斬新な面白さと悪ノリを勘違いしていると言われても仕方がない。本来は面白い芸人でも実力が発揮しにくい番組だという印象です」(バラエティ番組に携わる構成作家)

 松本は後輩芸人の苦言をどう受け止めるのか──。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/323313

【【芸能】松本人志「ドキュメンタル」をケンコバの元相方がバッサリ「気分悪いだけ!」】の続きを読む


そうなんや・・!
(´・ω・`)

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/02/02(木) 12:40:42.07ID:yPoEogTk9
 お笑いコンビ・千鳥の大悟が1月31日、テレビ朝日「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」にVTR出演し、タレントの今田耕司の優しさについて語った。千鳥は、今田とは昨年10月に終了したABCテレビのバラエティー「今ちゃんの『実は…』」で長く共演していた。

 大悟は、今田が後輩の発言を拾う時は必ず「今、〇〇が言ったんやけど」とだれの発言かを伝えてから話していると説明した。「スベらしにいかない人」とし、大スベリしている話題にも自ら突っ込んでいくとコメント。「スベってるお風呂に入ってくる」と表現した。

 さらに、飲み会の席では後輩にダメ出しすることがほぼないと証言。「だから今田さんの周りの後輩、オモロないんすよ」と苦笑いした。「優しいから甘えちゃって。こんなこと言うのアレですけど、今田さんのメシ行ってる後輩、ワシ以外オモロいやついないんですよ」と手厳しかった。

 MCのサンドウィッチマン・伊達みきおは「だれと(食事に)行ってるんですかね」と思わず質問。今田は「バケモン先生とか」と照れ笑いで後輩ピン芸人の名前を挙げていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2023/02/01/0016013505.shtml?pg=2

【【芸能】千鳥・大悟がバッサリ!今田耕司の周りの芸人「オモロない」】の続きを読む

このページのトップヘ