なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

コンプレックス


えー、そうやんや・・
(・ω・`)

1 冬月記者 ★ :2023/11/16(木) 13:39:43.68 ID:pj5SJwbc9
 「画竜点睛を欠く」とは、どんなに迫力のある竜の図体を描いても、瞳を1つ描き忘れたらぜんぶが台無し、という意味だ。あるべきものがそこにないと、どうにもしっくりこない。この女優の場合は──。

「笑顔が素敵な著名人に贈られる『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー』の授賞式(11月8日)に、元乃木坂46の絶対的エースで、女優の白石麻衣(31才)が登場しました。すると、白石の笑顔を撮影していたカメラマンたちが顔を見合わせて、『なんか違うんだよなァ、今日は』と首をひねりながら、ヒソヒソ話を始めたんです」(芸能記者)

 白石の美貌はアイドルグループでも随一で、化粧品の広告やファッション誌のモデルを務める「美のアイコン」。それでもその日は、弾ける笑顔に「何か」が足りない……。

「登壇後しばらくして、ある記者が何かに気づいて『あッ!』と声を上げたんです。聞けば、白石さんの鼻の下と右の上唇の間にあったはずの、チャームポイントの『ほくろ』が忽然と消えている。過去の写真を見ると、この夏まではたしかにそこにあったのに」(前出・芸能記者)

 顔にあるほくろは、その場所によって「妖艶さ」の象徴ともいわれるが、本人が気に入っているかどうかは別の話。

「白石さんは、この秋に少しまとまった休みが取れたので、かねてからコンプレックスだったほくろを除去したそうですよ。あのほくろが魅力的だと感じていたファンもいるでしょうから賛否あるようですが、ご本人は違ったのでしょう」(芸能関係者)

↓記事全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/45f742be03c3c1e81d981ac9ab838b321663c804


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【【証拠写真】元乃木坂・白石麻衣の「鼻の下ボクロが消えた!」】の続きを読む


そうなんや・・・
(・ω・`)

1 ネギうどん ★ :2023/10/04(水) 11:36:09.46 ID:Qg6t814Q9
 2011年、10歳のときに「東宝シンデレラオーディション」でニュージェネレーション賞を受賞。17歳で「キミスイ」こと映画『君の膵臓をたべたい』(17年)に主演するなど、これまで順調にキャリアを積み重ねてきたかのように見える浜辺だが、実際は苦闘の連続だった。

 浜辺は、かつてインタビューなどで自分について問われたとき、繰り返し語っていたことが二つある。一つは「顔に特徴がない」、もう一つは「すごく不器用」だ。

 顔に特徴がないことは俳優にとって、けっして長所ではない。顔が覚えにくいからだ。浜辺はキャリアの序盤で、マネージャーから「私の顔は特徴がないから幽霊か病人の役しかできない」と告げられている(MAG2NEWS 2019年11月29日)。

 実際、彼女の10代の頃の代表作だったドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(15年)は幽霊の役、「キミスイ」は病人の役だ。続けて出演した映画『亜人』(17年)も病弱で療養中の主人公の妹役だった。

 ビジュアルの薄さがコンプレックスだった浜辺だが、客観的に自分を捉え直して強みに変えている。顔に特徴がなければ、メイクと髪型でどんな役柄にでもなれるからだ。

 それを活かしたのが、ギャンブル狂の美少女を演じたドラマ『賭ケグルイ』(18年)だ。コミックが原作でアニメ化もされた本作の主人公は、黒髪が印象的な蛇喰夢子。普段は淑やかだが、高額の勝負になると「賭け狂いましょう!」と興奮して叫ぶ。庵野秀明監督は『賭ケグルイ』を観て、『シン・仮面ライダー』のキャスティングに確証を持ったという。

劣等感まみれだった10代の頃

全文はソースで
https://bunshun.jp/articles/-/66059?page=3

【【女優】「顔に特徴がない」浜辺美波が乗り越えた2つのコンプレックスとは!?】の続きを読む



(出典 encount.press)

へー、そうなんや・・
(´・ω・`)

1
湛然 ★ :2023/08/10(木) 06:04:24.17 ID:tVBgcZpt9
 フリーの望月理恵アナウンサーが8日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜・午後8時)に出演し、意外な過去を告白した。

 この日は「女子アナ浴衣祭りSP」と題し、望月アナが取締役を務める芸能事務所「セント・フォース」に所属するフリーアナウンサーが出演。青山学院大卒業後に「セント・フォース」に所属したフリーの田崎さくらアナは、局アナ経験がないことがコンプレックスで「胸を張ってアナウンサーと言えないんです。局アナさんには頭上がらないです」と悩みを告白した。

 それを聞いた望月アナは「私もそうなんですよ」とうなずく。(※中略)

 続けて「私、一般企業にいて、この仕事に入ったので。その間に板東英二さんの付き人経験もあって」と明かすと、スタジオはビックリ。望月アナは、板東も出演していたTBS系「世界ふしぎ発見!」(土曜・午後9時)のミステリーハンターとして芸能界デビューを果たしている。

https://hochi.news/articles/20230809-OHT1T51041.html?page=1

【【芸能】望月理恵アナ、超大物タレントの付き人だった!長寿番組デビューのきっかけ!】の続きを読む


そんなもんなんですかね・・
(・ω・`)

1 首都圏の虎 ★ :2023/06/15(木) 23:04:36.37ID:IQrQPxew9
 今年3月いっぱいでテレビ東京を退社したフリーアナウンサー・森香澄(27)が15日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演し、自身の“コンプレックス”について語る場面があった。

 「見た目を気にする?」という話題になると、森アナは「めちゃくちゃしますね。私は外見にコンプレックスがあったので」といい、局アナ時代について振り返る。

 「アナウンサーって、普通の学生が4月1日に急にテレビに出るじゃないですか?その間がないし、周りにキレイな人が多すぎて、本当にコンプレックスが多くて」と語る。

 「美容はやりましたね。まゆ毛、まつ毛、ネイル、痩身エステ、ヨガ、ジムとか。領収書は落ちないので、全部自腹です。お給料の半分くらいは美容に使ってました」と明かし、共演者を驚かせていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc74f6d70df2e9a48f820f0e0c84ef4c83c5d31b

【【芸能】元テレ東 森香澄アナが語った“コンプレックス”周りにキレイな人が多すぎて…】の続きを読む


そうなんや・・・
(・ω・`)

1 湛然 ★ :2023/03/28(火) 05:40:13.56ID:8kRsuRPC9
 フリーアナウンサーの田中みな実(36)が25日放送のTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)に出演。自身の胸の大きさにコンプレックスを持っていた過去や、意識の変化などについて語った。

 この日のゲストはフリーアナウンサーで美容研究家の湯浅美和子。4、5年前に同番組で共演したことをきっかけに、以降、田中は下着の選択や着け方、美ボディの保ち方などプライベートでアドバイスを受けているという。

 下着の選び方について、かつては「(胸に)ボリュームがあるので、逆に小さく見せたいと思って、(ブラジャーも)なるべく薄くて高さが出ないものを選んでいた」という田中。サイズに合わないものを無理やり装着し「言わば押しつぶしていたような感じ」にしていたと振り返った。

 中学・高校時代から胸の大きさが目立つようになり、「大きくみられるのがとにかく嫌だった」という。「局アナになったばかりのころは、さらしとか巻いていたり、小さく見えるように一生懸命頑張っていたんです」とも打ち明けた。

 それでも、湯浅との交流をへて「持って生まれたものは変えられないわけだし。であれば、なるべく美しい状態で年齢を重ねても保ちたい」と意識に変化が。

全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/03/27/kiji/20230327s00041000732000c.html

【【芸能】田中みな実「大きく見られるのが嫌」胸にさらし巻いた局アナ新人時代…】の続きを読む


そうなんや・・・
(´・ω・`)

1
冬月記者 ★ :2023/03/19(日) 17:51:04.61ID:8lbu6lSz9
 元AKB48のタレント・板野友美(31)が19日、自身のインスタグラムを更新。初めてのパリコレを通じて、コンプレックスに対する考えをつづった。

 「昔からファッションが好きだからこそ、154㎝の身長は正直コンプレックスでした」という板野。「背が低いからどうしても、スタイル良く着こなせなかったり、自分の定番を決めてバイアスに縛られ、それ以上のファッションに挑戦できない時期もありました」と明かした。

 「そもそも私自身、特に秀でた才能もなく、たくさん悩みました。絶世の美女でもなければ、スタイルが特段いいわけでもなく、歌唱力が別格なわけでも、演技がすごく上手いわけでもないです。もっと秀でた才能があったらな…と何度も思いましたし、挫折したりやるせない思いもたくさん経験しました」という。「でも、今の私から変われる訳もなく、努力しても勝てない叶わない部分もたくさんあります」とつづった。

 しかし「ファッションは不思議でそんな時に自分を強くしてくれたり、気持ちを上げてくれたり、なりたい自分に少し近づけてくれる魔法のようでした」と、ファッションに対する考え方が転機に。「今ではコンプレックスだった身長も自分らしさのひとつなのかなと受け入れそんな自分の特徴も結構好きになりました。誰かと違うからこそ特別な部分なのかもと思える気もします」と記した。

 そして「今回のパリコレでは、ジェンダーレスやダイバーシティのメッセージをショーの節々から強く感じられ、色んな人種の方や体型の方がいて、その誰しもがファッションを楽しむ権利があってオシャレになれるということが自分の考えや感じている事と似ていたり、共感する部分が多く嬉しかったです。大事なのは、どう見られるかよりどうありたいか。なのだと」とメッセージ性に共感を示した。

 板野は「私は、私と同じ境遇や悩みを抱えてる人たちの答えを出す時のヒントにしてもらえたり、私を通じて新しい発見に繋げてもらえる役割がしたいです。そして私の発信や存在が誰かのチカラになることができたらいいなと思ってます」とコメント。

 「生まれ持った特別秀でた何かがなくても、自分の夢や目標が達成できること。そして、それが誰かの為になること。不器用ながら、そんな願いを叶えていけたらいいなと思います」とメッセージを寄せ「皆んながハッピーになってくれる発信をたくさんしていけるように、私ももっともっと頑張ります」と意気込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad5e0f10083c0eb63290037aa4a5b4698aba95fa

【【芸能】板野友美がコンプレックスを告白!「才能も美貌も勝てない」と語る!】の続きを読む

このページのトップヘ