なんやこれ速報

芸能ネタ、ニュース、時事ネタ、女子アナネタ、おもしろネタ、美味しいものネタなどをゆるーくまとめてます(・ω・) まだ始めたばかりで慣れないですが、気軽に見てもらえたらありがたいです!!

社会


乗ってみたいなぁ・・!
(´・ω・`)

1 七波羅探題 ★ :2023/02/01(水) 06:50:44.92ID:uKxbS1fC9
近年、ヨーロッパでは、夜行列車が再び脚光を浴びつつある。ヨーロッパでは毎年のように新規路線が開設され、2021年にはウィーン~パリ間で、オーストリアの夜行列車ナイトジェットが運行を開始、大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。2022年12月11日に行われた冬ダイヤ改正でも、プラハ~ドレスデン~ライプツィヒ~チューリッヒ間に新たな夜行列車が設定されている。今後数年間の計画では、路線数はさらに増えていく予定だ。

一方で今の日本では、サンライズ瀬戸・出雲などはあるものの、かつてのブルートレイン全盛時のような時代が来るのは、ほぼ不可能といえる。ひとつは採算性の問題、もうひとつはJRの地域分離による各社間の乗り入れや運賃収入分配の難しさ、また航空機や高速路線バス、さらには身内でもある新幹線といった強力なライバルがあることも要因と言えよう。

夜行列車の運行には、それなりのお金がかかる。寝台用リネンなど、通常の列車にはないコストがかかる上、車両は基本的に夜行専用車両で、他の列車に使い回しができないから、寝台車自体がお金を生み出しにくい。

ヨーロッパの場合、常に利用者がいる路線を除いて、補助金がなければ採算割れする路線もあり、例えばウィーン~アムステルダム線は、オランダ政府からの補助金供出が運行の条件となっていたことから、その話し合いが一時滞ったことで、運行開始が遅れた。

鉄道会社の多くは民間企業のため、採算割れする路線の開設が難しいことは日本と同じで、そこに国からの補助があるかどうかが焦点となる。日本の場合、JR各社に対して夜行列車運行の補助金があるわけでもないから、よほど勝算がない限り、再度の本格参入は期待できないだろう。

国鉄が地域分割されたことで、ダイヤ作成上のネックがあったり、運賃収入の分配で得をしたり損をしたりする会社が出てしまうことも問題だった。九州方面のブルートレインが存命だった頃、車両の維持管理は両端のJR九州、JR東日本が担当していたが、運賃収入の分配金は走行距離の長いJR東海やJR西日本へ多く渡っていた。これではJR九州とJR東日本に運行を維持するメリットは見いだせない。

↓記事全文はこちら
https://merkmal-biz.jp/post/31773

【【鉄道】ブルートレイン消滅の日本と何が違うのか?欧州で「夜行列車」が増え続けるワケ!】の続きを読む



どうするんやろ・・?
(´・ω・`)

1 Hitzeschleier ★ :2023/02/05(日) 03:01:57.23ID:6MBrI5m79
 きっかけは、1月29日にSNSで拡散された動画だ。

 動画には、回転寿司チェーン「スシロー」のボックス席に座った金髪の少年が、備えつけの醤油の差し口や未使用の湯呑みを舐めまわして元の位置に戻したり、回転レーン上の寿司に、指につけた唾液を何度も擦りつける様子が映っていた。

 翌30日、「スシロー」の運営会社「あきんどスシロー」の親会社である「フード&ライフカンパニーズ(以下、F社)」の株価は暴落。一時は時価総額で170億円が吹き飛んだ。

 回転寿司評論家の米川伸生氏が語る。

「今後は、注文品が届いたときだけゲートが開くシステムを導入するなど、当人以外が寿司にさわれないシステムを導入するしかないでしょう」

 F社に本誌が問い合わせると、電話がようやく繋がったのは、週末の夕方だった。

「取材だけでなく、お客様からのお問い合わせもたくさんいただいておりまして……。申し訳ございません」

 広報担当者は、突如降りかかった “寿司テロ” に、憔悴した様子だった。一方で、損害賠償についてはこう語った。

「刑事と民事両方で訴訟ということになります。犯罪行為ですし、私達も商売のダメージを受けている状況ですので。そういう事実をちゃんと清算していただこうと、法に則って進めていく所存です」

 動画の少年の本名や高校名は、すぐにネット上に晒された。本誌は、岐阜県内にある少年の自宅を訪れた。

 インターフォンに向かって取材の趣旨を告げると、玄関のドアが開いた。少年の母だ。母は記者が質問する前に、深々と頭を下げた。

「今回は、もう……。皆さんにご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございませんでした」

 長い髪を後ろで束ね、化粧っ気はない。淡い色で統一された装いは地味だが、少年に似て整った顔立ちだ。母は、赤ちゃんを抱きながら取材に応じてくれた。

ーー息子さんの状況は?

「(途切れそうな声で)あと先を考えずに、軽はずみな気持ちでやってしまって……。たぶん調子に乗っていたのだと思います。(息子は)自分がやってしまったことが大変なことになってしまって、どうやってお詫びすればいいのか、混乱している状態です」

ーースシローに謝罪に行った?

「私も一緒に行きました。本人に、相手様方の顔を見て頭を下げてほしかったのと、私たち両親もどうしても謝りたいと思いましたので、無理にお願いして、お詫びをする時間を作っていただきました」

ーー相手方は損害賠償を求めるなど、厳正に対処する方針ですが……。

「悪いのは私たちなので、反省してお詫びをすることと、あちら様や警察の判断におまかせして、償っていくことしか、私たちにできることはないと思っております」

 母は記者の質問にさらに答え、「遠いところまでご足労いただき、ありがとうございました」と頭を下げながら、ドアを閉めたーー。

https://smart-flash.jp/sociopolitics/220668/1

【【賠償】スシロー “ペロペロ高校生” への賠償請求に母が憔悴告白!】の続きを読む


(´・ω・`)

1 Hitzeschleier ★ :2023/02/02(木) 15:19:24.22ID:rIbxcgIv9
岸田文雄首相(65)の長男で首相秘書官を務める翔太郎氏(32)に対する疑惑の追及が止まらない。1月に首相の外遊に同行して訪れたロンドンやパリで、公用車を用いた“観光”をしていたと週刊新潮が報じた問題だ。

「ロンドンのビッグベンなど名所を巡り、各地でお土産などの買い物も楽しんだと報じられています。また、カナダでトルドー首相との記念撮影を突然申し出たことについても、批判の声が上がっています。

国会での野党の追及に対し、対外発信のための写真撮影や、閣僚へのお土産の購入だったと弁明していますが、納得していない国民は多いでしょう」(全国紙記者)

慶大出身で卒業後は三井物産に勤めるなど華麗な経歴を持つ翔太郎氏。秘書官就任当初は“親バカ人事”と言われ、“合コン大好き”と週刊文春で報じられるなど、逆風が吹き続けている。

そんな彼の素顔について、“飲み会で知り合った”という人物が本誌に語った。

「大物政治家の息子で、“チャラい”と聞いたこともあったのですが、やはり会ってみるとものすごく普通と言うか…ミーハーな方と言う印象ですね。

私が彼と飲んだのは昨年ですが、そのとき首相に同行する出張についても話していました。“基本的に忙しいけれど、空き時間は観光できるし、普通の人が入れないところに入れるから嬉しい”、などと話していました。

買い物はお好きだと思います。ブランド物で固めるような方ではないですが、腕時計は高級でした」

翔太郎氏がさまざまな疑惑に対してマスコミの前で説明する機会はいまだないが、公職についたからには、立場をわきまえた言動が求められる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33116eb94c3397253976c342534aa90e9433324f

【【政治】岸田首相長男・翔太郎氏が明かしていた本音「空き時間は観光できるし、普通の人が入れないところに入れるから嬉しい」】の続きを読む



マジですか・・!
(´・ω・`)

1 Anonymous ★ :2023/01/28(土) 18:13:06.45ID:7s61sbvC9
科学の発展により、UFOやUMAといった未確認生物のインチキが暴かれた現代に、テレビ東京がカッパの存在を取り扱ったとして失笑を買っている。

問題の番組は、1月24日に放送された『本当にあった(秘)衝撃ファイル【未確認生物&完全犯罪SP】』だ。

番組内容はその名の通り、未確認生物と思われる衝撃映像を一挙公開し、実在の可能性を専門家が徹底検証。

カッパに関しては、長崎県五島列島に残る〝カッパ伝説〟を検証するためとして、カッパに遭遇したという何とも怪しげな人物に接触した。

この島にはカッパの手のミイラがあるとのことで、番組は真偽を確かめるべく、これをレントゲン撮影することに。

さらには、日本ペット診療所の山川晃平院長といった専門家も巻き込み、本格的に検証を行っていった。

すると、親指には霊長類とは異なる特徴が見つかり、本当にカッパである可能性が浮上。その後、過去に都内と茨城県で複数回カッパに遭遇したという作家・パンク町田にも取材し、証言から再現VTRなどを作成したのだった。

こうしてカッパの存在に迫った番組だったが、実在に関してはその存否を明言せず。なんともテレビ東京らしい、独自色の強い番組となった。

↓記事全文はこちら
https://myjitsu.jp/archives/406136

【【衝撃】カッパは実在した!? テレビ東京が総力取材で存在をついにキャッチ!】の続きを読む


そうなんですか・・
(・ω・`)

1 蚤の市 ★ :2023/01/31(火) 14:29:51.24ID:+g+Yr1j49
物価高を嘆く声が広がるなか、ファミリーレストランで「異変」が起きている。平均単価の高いロイヤルホスト(ロイヤルホールディングス)が新型コロナウイルスの感染拡大前の売上高を確保する一方、低価格の「ガスト」などすかいらーくホールディングスの店舗は苦戦しているのだ。そこには営業時間の短縮や消費者の行動変化、「ロイホ」の強い顧客支持など数多くの要因が絡み合っていた。

ロイホはコロナ前の売り上げ水準に

↓記事全文はこちら(有料版)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD2683G0W3A120C2000000/

【【納得】高いロイヤルホスト、安いガストを圧倒の不思議!】の続きを読む


ワイもお土産ほしいなぁ・・
(´・ω・`)

1 Hitzeschleier ★ :2023/01/31(火) 19:59:19.47ID:AZ0U454j9
 岸田文雄首相は31日の衆院予算委員会で、長男で政務秘書官の翔太郎氏が欧米歴訪時に公用車で土産を購入したことについて、「政治家としての首相の土産を購入するのも、政務秘書官の本来業務に含まれ得る。公務だ」との認識を示した。

 立憲民主党の後藤祐一氏への答弁。

 首相は、翔太郎氏は全閣僚への土産を購入したと説明。購入費用については「(首相)自身のポケットマネー」と語った。

 松野博一官房長官や西村康稔経済産業相、公明党の斉藤鉄夫国土交通相らは31日の閣議後の記者会見で、首相からの土産を受け取ったと認めた。いずれも土産の内容については「プライベートに関すること」と明かさなかったが、男性閣僚の一人はネクタイをもらったという。

※続きはソース元でご覧ください
https://news.yahoo.co.jp/articles/83232b9020673f7cc04b50e5a60173bcb770ef0e

【【笑い】岸田首相、長男・翔太郎秘書官の土産購入は「公務」らしい!】の続きを読む

このページのトップヘ